オンラインゲーム特集

ファイナルファンタジーXIII-2の登場する主要人物

主要登場人物

ではここからはXIII-2に登場してくる主要な登場人物について紹介をしていきましょう。今作ではメイン、つまりは操作できることのできるキャラクターはセラとノエルの二人の主人公だけとなっており、それ以外のパーティーメンバーとしては捕まえたモンスターを召喚して戦わせることになる。

セラ=ファロン

今作の主人公であり、前作ライトニングの実の妹である。前作ではルシとして使命を果たした後にクリスタルから解放された後、コクーンから離れたグラン=パルスにて教師として生活をしている。周りが死んだ、もしくは存在すらしていないと記録している周囲とは違い、ただ一人姉であるライトニングのことを覚えている存在で、いずれ再会することを願っている。

突然発生した異常現象の折に出会ったノエルと共に、時空の歪みを正すために旅に出ることになる。

ノエル=クライス

セラと同様に主人公としての立場にあり、セラの前に現れた未来の人間。人類が滅亡する寸前の時代から未来を変えるために過去に遡ってきた最後の人類でもある。時空を遡る中でライトニングと出会い、そこで彼女から妹のことを頼むと任されたことでセラの元に現れるのだった。記憶宗室的な部分を持っており、物語を進めていくと同時に失われた記憶を取り戻していく。

モーグリ

本作のマスコットキャラクターであり、セラとノエルを導く旅先案内人として登場することになる。案内人という立場から、その手には従来持っていなかった時計やクリスタルを所持している。セラとノエルの手助けをするのもこの時代に来たのは全てライトニングの指示によるものだった。そのため、彼自身もセラについては任された以上、しっかりお守りしていかなければならないという責任感を持って彼女の警護も担当している。

その他の登場人物

ライトニング

前作の主人公であり、今作でも重要な鍵を持つことになっているキャラクター。先の戦いでは死んだと思われていたが実際には女神エトロによって力を与えられて、死の都市ヴァルハラを守護する騎士として、僕であるオーディンと共に人知れず戦いを繰り広げている。作中の中には特定のイベントやストーリー上で操作することも可能となっています。

カイアス・バラッド

今作において黒幕として暗躍することになる人物であり、後に続くことになる続編においても重要な立場として扱われることになる存在。女神エトロによって心臓を与えられいることもあって不死性を持っており、その力を用いて作中においてセラとノエルを苦しめていく存在。やがて二人の手によって倒されることになるが、それも全てカイアスの手の内で考えられていた計画だと知ったときには、すべてが遅かった。

人気ゲーム最新情報

パドラ=ヌス・ユール

時詠みの巫女であり、その力を利用して女神を殺すために強制的に行動を共にさせている。

スノウ・ヴィリアース

セラの婚約者であり、現在ではライトニングを探すたびに出ている。義姉であるライトニングは死んだものと思っていたが、セラが頑なに姉は生きているという思いを知ったことで、お互いに結婚をするという証でもあるおそろいのネックレスをセラに託して一人ライトニングを探すために旅立つのであった。

ホープ・エストハイム

前作から10年後の未来世界で生きているホープで、前回登場したときは違ってイケメンという一言で表現するには最高の大人の出来る男性へと成長を遂げていた。